治療のリスクも考える

インプラント治療の怖い面

Girl

インプラントの治療はあごの骨を削って歯根となるボルトを埋め込む手術がどうしても必要になってきます。その際に誤って神経をを傷つけてしまうと唇や顔がひきつってしまったり、痺れが残ってしまう可能性があるのです。これだけを聞くとインプラント治療自体が怖いものなのではと感じる人もいるかもしれませんが、これはあくまで最悪のケースを紹介しただけで、インプラント治療を行ったからすべての人がそうなるというわけではありません。歯医者さんではそうならないために、事前の検査が徹底されますし、医師の判断の元、正確な処置が行われていきます。ですから、こういうリスクがあるということだけを押さえておいて、そこまで心配する必要もないのです。

リスクをより抑えるためにしておきたいこと

とはいっても、手術を行う際にそのリスクはどうしてもついてきてしまいます。ですが、患者側の心がけでそのリスクも幾分軽減することもできます。それはインプラント治療を行う歯科クリニックをうまく選んでいくことです。インプラント治療は一見どこも同じように思われるかもしれませんが、実は歯医者さんの腕によってその良し悪しが左右されます。あまりに評判の悪い歯科クリニックではその分患者への説明が不足しがちになり、結果的に医師とのコミュニケーション不足が原因でトラブルになりやすいのです。そうならないためにも、利用者はできるだけ評判の良い、自分が信頼できる歯医者さんを選ぶ必要があります。丁寧な歯医者であれば事前に納得がいくまで治療方針の説明、解説を行ってくれますし、その方が利用者も安心して手術にのぞむことができます。