歯の治療法の一つ

Girl

歯科では歯に関する治療を行なうことができますが、その中でもインプラント治療は失った歯に人工歯を装着するというものです。インプラントは骨移植をすることにもなるので、治療が難しいとされています。

Read More...

治療のリスクも考える

Girl

インプラント治療を受ける際に多くの人が不安に感じるのは手術後の後遺症の有無です。そのためこれから歯科で治療を受けることを検討しているならしっかりリスクを把握してから治療を行なう必要があります。

Read More...

最新インプラント治療

骨を採取する手術も必要

Girl

インプラントは、歯茎や隣の歯に装着するだけの入れ歯と異なり、顎の骨と一体化しています。そのため、強く噛み締めることができる点が特徴です。しかしその顎の骨がもろかったり薄かったりすると、インプラントを固着させることができません。昨今では薄型のインプラントも開発されていますが、それでも安定性を上げるためには、ある程度の厚みのある頑丈な顎の骨が必要になります。顎の骨をそのような状態にするためにおこなわれているのが、骨移植です。人工骨あるいは自家骨を移植することで、顎の骨を増やすわけです。自家骨の方が顎の骨とくっつきやすいのですが、しかしその場合はまずは自家骨を採取する手術を受ける必要が生じます。インプラントを埋め込む手術とあわせて、2回の手術を受けることになるわけです。その分治療費が多くかかることになりますが、よりしっかりとインプラントを固着させることができるようになります。

骨の採取がおこなわれる部位

骨移植に使われる骨は、多くの場合は下顎から採取されます。特に、下顎隆起を起こしている人の場合は、その部分の骨を使った骨移植がおこなわれます。下顎隆起とは、下顎が発達して、下の歯茎の内側で盛り上がってくることです。歯を食いしばる癖のある人に多く起こる現象で、盛り上がり方によっては咀嚼障害を起こす可能性もあります。しかしこの部分から骨を採取することで、下顎隆起はなくなります。つまりインプラントにおける骨移植には、下顎隆起の治療効果もあるわけです。下顎隆起を起こしていなかったり、下顎の骨自体にあまり厚みがない人でも、自家骨移植によるインプラント治療を受けることは可能です。この場合は、骨盤や膝から骨採取がおこなわれるのです。

口内を綺麗にケア

Girl

歯を磨くことは身近なオーラルケアの一つとなっていますが、その他にもフロスやマウスウォッシュなどを使用する方も多いです。普段から歯のケアをするという方は正しい方法を理解した上で行いましょう。

Read More...